不登校の高校生がカウンセリングを受けた場合の効果と注意点

高校生が不登校になってしまった場合に、解決を手助けする方法のひとつとして、専門家のカウンセリングがあげられます。

カウンセリングは、不登校にはどのような効果があって、受けたい場合にはどこに相談したらいいのでしょうか。

不登校の高校生がカウンセリング受けた場合に期待できる効果と、受ける時の相談先や注意点についてまとめました。

カウンセリングの効果とカウンセリングが必要なケースとは

不登校の高校生がカウンセリングを受けることで、主に次のような効果が期待できます。

カウンセリングの効果は?

相性のいいカウンセラーに会って、自分の気持ちを聞いてもらうことは、本人の心の安定と回復に効果が期待できます。

親や教師以外で、自分の気持ちを受け止めてくれる大人がいるということは、不登校の本人にとって大きな心の支えになります。

不登校のカウンセリングは、親も受けることができ、親のストレスや不安を軽減させる効果があります。

カウンセリング受けた方が良いケースは?

高校生の不登校の原因に、うつ病などの精神疾患や発達障害などの障害が疑われる場合には、専門家の手助けが必要です。

治療や専門家のカウンセリングを受けることで、他人とのかかわり方が改善したり、前向きな考え方ができるようになったりします。

不登校の高校生がカウンセリングを受けたい時の相談先と注意点

不登校の高校生がカウンセリングを受けたい場合には、次のような相談先があります。

相談できる機関は?

どこに相談したらいいか分からない場合には、スクールカウンセラーや児童相談所、教育委員会が開催する教育相談といった公共の機関を利用するといいでしょう。

精神疾患や障害が疑われる場合には、精神科や心療内科などの医療機関、保健所や精神保健福祉センターといった公共機関で相談にのってくれます。

また、不登校カウンセリングセンターのような、専門のカウンセラーがいて、不登校の支援も行っている民間団体もあります。

注意することは?

カウンセリングには、本人の心の安定などの効果が期待できますが、直接不登校の解決につながるものではありません。

解決に向けて気持ちを前向きにしてくれる、補助的な役割と心得て、カウンセリングに頼り過ぎないことが大切です。

カウンセリングの効果と受けたい時の相談先と注意点まとめ

カウンセリングの効果は?

・自分の気持ちを聞いてもらうことは、本人の心の安定と回復に効果が期待でき、不登校の本人にとって大きな心の支えになる。

・不登校のカウンセリングは、親も受けることができ、親のストレスや不安を軽減させる効果がある。

カウンセリング受けた方が良いケースは?

・不登校の原因が、うつ病などの精神疾患や発達障害などの障害が疑われる場合には、専門家の手助けが必要。

・治療や専門家のカウンセリングを受けることで、他人とのかかわり方が改善したり、前向きな考え方ができるようになったりする。

相談できる機関は?

・スクールカウンセラーや児童相談所、教育委員会が開催する教育相談といった公共の機関を利用するといい。

・精神疾患や障害が疑われる場合には、精神科や心療内科などの医療機関、保健所や精神保健福祉センターといった公共機関で相談にのってくれる。

・不登校カウンセリングセンターのような、専門のカウンセラーがいて、不登校の支援も行っている民間団体もある。

注意することは?

・カウンセリングは、本人の心の安定などの効果が期待できるが、直接不登校の解決につながるものではない。

・解決に向けて気持ちを前向きにしてくれる、補助的な役割と心得て、カウンセリングに頼り過ぎないことが大切。

スポンサーリンク
futoko-infoレクタングル大
futoko-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
futoko-infoレクタングル大