不登校になった高校生の回復期の過ごし方と学校復帰のタイミング

高校生が不登校になった場合、親が家庭であたたかく見守り休養をするうちに、やがて回復期とよばれる時期を迎えます。

回復期は、本人に不登校を解決する意欲が湧いてくる時期で、学校復帰にはこの時期の親の正しい対応が重要です。

不登校の高校生の回復期の過ごし方と、学校への復帰のタイミングやそのために親ができることについてまとめました。

不登校の高校生がたどる学校復帰への段階と回復期の特徴とは

高校生が不登校になった場合に、一般的には次のような段階を経て徐々に心身が回復していき、学校に復帰できるようになります。

不登校の回復の段階

不登校の高校生は、学校を休みがちになったり、完全に行けなくなってしまった初期の段階では、気力が尽きて心が疲弊している状態です。

不登校の初期の段階では、何事にも関心が持てずに無気力の状態になったり、親に暴言を吐くなどの混乱した様子が見られます。

家庭であたたかく見守り休息させることで、心も体も徐々に回復していき、学校へは行けなくても心は安定している慢性期の状態になります。

不登校の回復期とは?

不登校の回復期とは、慢性期を経て再び外の世界に関心を持ち始めたり、学校へ行きたいという意欲が出てくるようになる時期です。

実際に本人の口から、学校へ行きたいという言葉が出るようになったり、外出や家事を手伝うなどの行動の変化がみられます。

不登校の回復期に気を付けることと学校復帰のタイミング

不登校の回復期に親が気を付けるべきことと、実際に学校に復帰できるタイミングについては次のようになります。

親が気を付けることは?

不登校の回復期に大切なのは、本人の意思や自主性を尊重し、親は見守りやサポートに徹するようにすることです。

また、本人のやり方や考えを否定しないことも大切で、多少は危なっかしいと思っても、本人の力を信じてあげる我慢強さも必要です。

親が復帰を焦って先回りして行動したり、本人の考えに不満や不安な気持ちを示すと、再び本人の意欲を失わせてしまうことがあります。

学校復帰のタイミングはいつ?

学校への復帰の時期やどのように登校させるかは、本人とよく話し合い、親は強要せずに本人の意思に任せることが大切です。

本人が学校へ行きたがっているような言動がみえたら、復帰についてどんな考えを持っているのか、まずは本人の話を聞きます。

そのうえで、親は学校と連絡を取るなどして、高校生が学校に復帰しやすい環境作りをサポートします。

不登校の高校生の回復期の過ごし方と学校復帰のタイミングまとめ

学校復帰への段階と回復期の特徴

・不登校の初期の段階では、何事にも関心が持てずに無気力の状態になったり、親に暴言を吐くなどの混乱した様子が見られる。

・家庭であたたかく見守り休息させることで、疲れた心は徐々に回復していき、まだ学校へは行けないが心は安定している慢性期の状態になる。

・回復期には、再び外の世界に関心を持ち始めたり、学校へ行きたいという意欲が出てくるようになり、言動に前向きな変化がみられる。

回復期に親が気を付けること

・不登校の回復期に大切なのは、本人の意思や自主性を尊重し、親は見守りやサポートに徹するようにすること。

・本人のやり方や考えを否定しないことも大切で、多少は危なっかしいと思っても、本人の力を信じてあげる我慢強さも必要。

学校復帰のタイミングは?

・学校への復帰の時期やどのように登校させるかは、本人とよく話し合い、親は強要せずに本人の意思に任せることが大切。

・学校へ行きたがっているような言動がみえたら、復帰についてどう考えているのか本人の話を聞き、親は学校と連絡を取るなどして、復帰しやすい環境作りをサポートする。

スポンサーリンク
futoko-infoレクタングル大
futoko-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
futoko-infoレクタングル大