不登校の子にペットの世話をさせた場合に期待できる効果とは

不登校で家にこもりがちな子のために、ペットを飼うことを考えている家庭もあるでしょう。

ペットを飼って世話を任せることは、不登校の子にどのような効果が期待できるのでしょうか。

不登校の子にペットの世話をさせた場合に見られる効果とペットを飼う場合の注意点についてまとめました。

不登校の子にペットの世話をさせることで期待できる効果とは

不登校の子にペットの世話をさせた場合に、期待できる効果には次のようなものがあります。

癒し効果

動物は言葉は話せませんが、愛情をこめて世話をすれば、それに応えて信頼や愛情を返してくれるのが分かるものです。

ペットと心を通わせ、温かな体を優しく撫でてあげるだけでも、孤独や辛い気持ちを癒してくれる効果があります。

生活にリズムがつく

不登校が長引くと、朝寝坊したり、昼夜が逆転した生活を送るなど、生活が不規則になりがちです。

餌やりやケージの掃除、犬の場合は散歩といったように、ペットの世話をすることで生活のリズムが付き、規則正しい生活に戻すきっかけになります。

自信や責任感

ペットを飼うと躾などを通して小さな達成感や満足感を得る機会が多くなり、自分への自信につながっていきます。

また、家庭のなかでペットの世話という役割を担うことで、自分が必要とされる存在であることを実感することができます。

不登校の子のために、ペットを飼う時に注意したいこととは

不登校の子に世話をさせるために、新たにペットを飼う場合には、次のことに注意が必要です。

本人の状態

不登校の初期の段階では、無気力や情緒不安定な場合が多く、まずは休息して心身の元気を取り戻すことが最優先です。

ペットの世話をさせるのは、本人の状態がある程度落ち着いて、心身の元気が戻ってからにします。

ペットを飼う場合には、世話をする本人の年齢に見合った動物にし、住宅事情も考慮して決めます。

本人の希望

本人が動物に興味がないのに、効果を期待して、親が無理にペットを飼うことを押し付けるのは良くありません。

ペットを飼ってはどうかと親から提案するのはかまいませんが、飼うかどうかや動物の種類については、本人とよく話し合って決めます。

ペットの世話は子どもに良い影響を与えますが、当然ながらそれだけで不登校が解決するわけではなく、過大な期待をしないようにします。

不登校の子にペットの世話をさせた場合の効果と注意点のまとめ

期待できる効果は?

・動物と心を通わせ、触れ合うことで生まれる癒しの効果。

・餌やりやケージの掃除など、ペットの世話をすることで生活のリズムが付き、規則正しい生活に戻すきっかけになる。

・ペットの躾などを通して小さな達成感や満足感を得る機会が多くなり、自分への自信につながる。

・家庭のなかでペットの世話という役割を担うことで、自分が必要とされる存在であることを実感できる。

ペットを飼う時の注意点

・不登校の初期の段階では、無気力や情緒不安定な場合が多いので、本人の状態がある程度落ち着いて、心身の元気が戻ってからにする。

・世話をする本人の年齢に見合った動物にし、住宅事情も考慮して決める。

・本人が動物に興味がないのに、効果を期待して、親が無理にペットを飼うことを押し付けない。

・親から提案するのはいいが、飼うかどうかや動物の種類については、本人とよく話し合う。

・ペットの世話は子どもに良い影響を与えるが、それだけで不登校が解決するわけではなく、過大な期待をしない。

スポンサーリンク
futoko-infoレクタングル大
futoko-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
futoko-infoレクタングル大